読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣くか笑うか考えるかするブログ

祈って、食べて、踊って、書いて。愛しあえたらそれでいい。

悲しみ

悲しい経験を「悲しい」と受け容れるのに何十年とかかること、ありますね。

どなたか私のために祈ってくださったらいいな、なんて思いながら書いています。

先日、母の叔母が亡くなりました。

私は五歳のころ、母の叔母とその夫から、見た目は傷を残さずに確実に心を壊す暴力を受けていました。
一年ほど続きました。同じ家に住んでいたので毎日、生きた心地がしませんでした。

私は記憶と感情と感覚を失くして、それ以上心が壊れないようにがんばりました。

そのことを母に打ち明けられるようになったのが今年の春です。
六十七歳の母はショックを受けていましたが、私を信じてくれました。

いま、私は毎週病院に通い、精神分析を受けています。

四十年ほど凍らせていた心の何処かが再び動き始めました。戸惑っています。怖いです。けれども感謝です。

自分は悲しい経験をしたのだと、受け容れる練習をしています。

【悲しい・哀しい・愛しい】
心が痛んで泣きたくなるような気持ちだ。つらく切ない。(大辞林

自分に対して証拠になる、性暴力そのものの記憶がハッキリと残っていないことが口惜しいです。
ぼんやりしたイメージと皮膚感覚と息苦しさと前後の記憶は断片的に残っています。

いま取り戻しつつある自由と輝きをとても恐れています。

そんな回復のプロセスにある中で受けた訃報でした。

高価な着物やお華の道具とゴミを溜め込んだ大きな家にたったひとり、お風呂に入ったまま亡くなっていたそうです。

ゆるして、祈るしかないです。というのは優等生の模範解答です。

本音は
死んでくれて、ありがとう。

もっと本音は
永遠に生きて、私が舐めたのと同じ恥と罪悪をいついつまでも思い知れ。

もっともっと本音は
神さま、助けて。

こんなことに時間と心を何十年と奪われなければならなかったことが、まず悲しいです。